お知らせ・ブログ

2021/06/02

空き家を放置すると税金が高くなる?

空き家を放置すると税金が高くなる?

2015年5月26日に施行された空家等対策特別措置法で、特定空き家の指定が行えるようになりました。
特定空家等とは、”そのまま放置すれば倒壊等著しく保安上危険となるおそれのある状態又は著しく衛生上有害となるおそれのある状態、適切な管理が行われていないことにより著しく景観を損なっている状態、その他周辺の生活環境の保全を図るために放置することが不適切である状態にあると認められる空家等をいう”と定義されています。

特定空き家に指定されると、住宅用地の特例措置が適用されなくなります。
簡単に言うと、課税標準×1/6の優遇措置がなくなるため、固定資産税が6倍になってしまいます。
※小規模用住宅用地の軽減措置 200㎡以下の部分 → 課税標準の1/6に軽減

空き家を放置し続けると、税金以外にも防犯のリスクや、倒壊によって誰かに怪我をさせてしまうリスクなどが考えられます。

早めの対策がリスク回避につながりますので、空き家でお困りの際には是非当店にご相談下さい。

 

博多区の不動産の事ならLIXIL不動産ショップくらすむ博多駅前店
【福岡不動産センター(株)】にお任せ下さい!
売買・賃貸・管理・不動産買い取り・オーナーチェンジ・リフォーム・任意売却・相続・
空き家対策など、不動産の事なら何でもご相談下さい。
戸建て・土地・マンション・投資用物件・山林・田畑、不動産全般を取り扱っています。
無料査定承ります!!
不動産売却専用サイト⇒http://www.fc-baikyaku.com/
TEL 092-452-7255 e-mail info@fukuoka-fc.com 

 

to top